TEL:03-6638-7920
> 施工例

Works

施工例

2020/05/31

V8Vantage ASM(オートシフトマニュアル)診断

2006年からデリバリーされ、通称ベビーアストンなどと呼ばれたV8VantageにASM仕様が加わったのは2007年。すでに13年経過しているASM(オートシフトマニュアル)のクラッチジャダーやショッ …

2020/05/31

アストンマーティン ボディコーティング

酸化作用による塗膜の劣化を防ぎ、いつまでも色あせない美しさをオーナーに提供することのできるボディーコーティング。 数あるボディーコーティングの中からアストンマーティン特有の美しいボディラインを維持する …

2020/05/29

DB9Coupe オイル漏れ修理(タイミングカバー)

「オイルが漏れるのは、オイルが入っている証拠」そんな強気な時代もありましたね。 いくら緻密に設計されたアストンマーティンであっても、メンテナンスフリーというわけにはいきませんので、基本としてオイル漏れ …

2020/05/29

DB7Vantage ヘッドライニング補修

年数が経過したクルマのヘッドライニングが剥がれる問題は、アストンマーティンと言えども例に漏れず悩ましい問題です。 インナーウレタンの劣化が原因で、アルカンターラが重力で垂れてきています。 歴史的価値の …

2020/05/29

DB9 チタニウム ホイールナット

「バネ下1㎏の軽量化は、バネ上10㎏の軽量化に相当する」なんてよく言われていますね。 ただ、これはきっちりと数式化されたものではなく、バネ下を軽量化するメリットがいかに大きいかを象徴したフレーズのよう …

2020/05/29

V12Vanquish スターターボタン アップグレードキット

DB7VANTAGEからアストンマーティンにスターターボタンが登場し、以降、現代のモデルまで採用され続けています。 初期のころは、赤いボタンに「ENGINE START」、その後、現代のタイプに変更さ …

2020/05/29

V12Vanquish コノリーレザー メンテナンス

かつては英国製高級車にとってなくてはならない存在であったコノリーレザー。2002年まで供給され、1stヴァンキッシュがコノリーレザー最後のアストンマーティンとなります。 張りのあるコノリーレザーも、イ …

2020/05/26

ブレーキダスト放置は固着の原因

輸入車にとっての悩みの一つとして、ホイールの汚れがあります。 国産車は汚れないと感じている方も多いと思いますが、そもそもブレーキに対する考え方が輸入車と異なるので、ダストの質も量も変わります。 国産車 …

2020/05/24

アンダーパネル脱着は点検の入口

点検時には必ずアンダーパネルを脱着して、下廻りをチェックします。全体を覆うパネルには、メンテナンスに必要な情報を感じ取ることができる入口でもありますので、しっかり目視点検と、必要なクリーニングを行い各 …